【早いもの勝ち】「完全無料で2,300円分のビットコインを受け取る方法」を読む【期間限定】

【必見】NFTアートが売れないたった1つの理由を『NFTアートを売るための教科書』から要約

悩み人

NFTアートをつくってもなかなか売れない…。
NFTアートを売るコツ&コレクションの価値を高める方法を、全部まとめて教えてほしい!

こんなお悩みにお答えします!

この記事の内容
  • 「NFTアートを売るための教科書」の概要
  • NFTアーティストが知っておくべきマーケティングの基礎
この記事を書いた人
  • 2021年9月からNFTアートを300点以上売買
  • 難関IT国家試験「応用情報技術者試験」に20歳で合格
  • 東証プライム企業の現役ITエンジニア
運営者の
にじてんです!

NFTアート市場の盛り上がりをみて、NFTアートを始めた方は多いと思います。

しかし、

  • NFTアートをつくっても全然売れない
  • コレクションの価値が上がらず、安売りが続いている

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

NFTアートで稼ぎたいと考えている方は、imotoさんの「NFTアートを売るための教科書」を読むのがおすすめです。

にじてん

大人気コレクションである「CoolGirlNFT」を運営しているimotoさんが、NFTを売るための方法をまとめています!

この記事を読めば、NFTを売るためにやるべき行動がわかり、今後の方向性で悩まなくて済むはずです!

ぜひ最後までご覧ください。

目次

「NFTアートを売るための教科書」を書いてるimotoさんってどんな人?

まず「NFTアートを売るための教科書」を書いているimotoさんについて、紹介します。

imotoさんは、「CoolGirlNFT」というNFTコレクションを運営しているクリエイターさんです。

出典:OpenSea「CoolGirlNFT

CoolGirlNFTは、

  • imotoさん(@imoto_akira):マーケティング&キャラデザイン
  • 栓さん(@seeen_nft):イラストレーター

の2人チームで運営されているNFTコレクションです。

にじてん

1作品1ETH(日本円で30万円)以上で二次流通もしている、人気コレクションです!

しかし、CoolGirlNFTは始めから大人気だったわけではありません

本書のまえがきには、

僕はNFTを始めた最初の2ヶ月間、0.007ETHしか売れなかったのですから。

引用:「NFTアートを売るための教科書」より

と書いてあります。

0.007ETHは、執筆時のレートでいうと日本円で約2000円です。

にじてん

1ETH以上で二次流通させるまでには、imotoさんの努力が詰まっているわけですね。

「NFTアートを売るための教科書」の目次・あらすじ

それでは、「NFTアートを売るための教科書」ではどんなことが書いてるのかをお伝えしていきます!

「NFTアートを売るための教科書」は、以下の8章から構成されています。

「NFTアートを売るための教科書」の目次・あらすじ
  1. NFTにおけるマーケティングの重要性
  2. コレクション作りで考えるべきこと
  3. コレクションの認知度を上げる方法
  4. コレクションの価値を上げる方法
  5. 作品を完売するための考え方
  6. 作品を完売し続ける考え方
  7. コレクション運営のNG行動
  8. コレクション運営のQ&A
悩み人

8章もあるの…?分量が多くて読み切れなそう…。

と不安に思った方へ、朗報です!

「NFTアートを売るための教科書」はKindleの電子書籍で、紙の本でいうと43ページです。

普通の紙の本と比べて分量が少ないので、サクサク読めちゃいます!

しかも、「NFTアートを売るための教科書」で書かれている内容は超実践的です。

読んでいてイメージが湧きやすいので、気づいたら読み終わっている面白さでした。

にじてん

わたしは読み始めてから一度も止まらずに、夢中になって読めました!

「NFTアートを売るための教科書」の要約 → NFTを売るためのノウハウが丸わかりの一冊

ざっくりと「NFTアートを売るための教科書」の内容をまとめると、

NFTを売るためのノウハウが丸わかりの一冊

これに尽きます。

とくに、NFTアートの中でも重要な「マーケティング」の重要性&実践ノウハウが満載です!

本書の1章「NFTにおけるマーケティングの重要性」では、以下の内容が書いてありました。

どれだけ魅力的な作品をつくっても、NFTはマーケティングを考えなければ売れません。
イラストは超うまいのに、売れずに悩んでいるクリエイターがNFT界にはゴロゴロいます。

引用:「NFTアートを売るための教科書」より
にじてん

つまり、NFTを売るためにはマーケティングの考え方が必須ってことです!

マーケティングとは何かというと、モノが売れる仕組みをつくることです。

NFTが売れる仕組みをつくるために、戦略を考えることが大切なわけですね!

例えば、本書で紹介されている

  • 売れやすい作品の特徴
  • 作った作品を知ってもらう方法
  • 作品を完売させるための考え方

などを意識することで、売れやすいNFTにするための戦略が見えてきます!

「NFTアートを売るための教科書」のTwitterでの口コミは?

わたしだけの意見ではなくて、実際の口コミも見てみましょう。

Twitterで口コミを探したところ、悪い口コミを見つけられませんでした

にじてん

それもそのはず。
執筆時のAmazonのレビューは、星5つ中の4.9です!

そこでこの記事では、下記の3つの口コミを掘り下げていきます。

「NFTアートを売るための教科書」の口コミ
  1. 市場を盛り上げていこうとする姿勢が素敵
  2. クリエイターの気持ちに寄り添ってサポートしてくれている
  3. 効果的なTwitterの活用方法がわかった

市場を盛り上げていこうとする姿勢が素敵

「NFTアートを売るための教科書」では、imotoさんのノウハウが超実践的に書かれています。

にじてん

読んでいるわたしも、「ここまで書いていいのか…?」と思いました!

「日本のNFT市場を一緒に盛り上げていこう!」という、imotoさんの素敵な人柄が詰まっています。

クリエイターの気持ちに寄り添ってサポートしてくれている

「NFTアートを売るための教科書」では、クリエイターであるimotoさんの目線から売るための方法がまとめられています。

にじてん

クリエイターさんの気持ちに寄り添った内容となってるわけですね!

マーケティングを学んだことのないクリエイターさんでも実践できる、具体的な手法になっています。

効果的なTwitterの活用方法がわかった

本書ではNFTアートのマーケティングの方法として、Twitterの活用方法が丁寧に解説されています。

  • 作品を知ってもらう
  • コレクションの価値を高める
  • 作品を完売させる
にじてん

上記の内容は、Twitterを活用すれば夢ではありません!

  • ツイートの内容
  • Twitterの名前の付け方

上記の内容など、今日からできる活用方法がまとめられているので要チェックです!

「NFTアートを売るための教科書」の感想 → NFTが売れないときは努力の方向を変えてみよう

最後に、わたしがとくに印象に残った部分を3つ厳選してお伝えします!

「NFTアートを売るための教科書」の感想まとめ
  1. 良いNFTアートを作るだけでは売れない
  2. NFTアートを売るにはマーケティングが必須
  3. 売れやすい作品を作る → 認知度を上げる → 価値を上げる

良いNFTアートを作るだけでは売れない

NFTアートの世界では、良い作品を作っても売れないのが当たり前です。

とくに、下記の流れに入っている方は要注意です。

  1. NFTアートを出品する
  2. NFTアートが売れない
  3. 「もっと良いNFTアートを作ろう!」と頑張る
  4. ①に戻る

上記の流れに入っている方は、成果が出にくいです。

にじてん

もちろん、作品の良さ・素晴らしさは大切です!

しかし、

  • 作品の良さを高める努力
  • 作品が売れるようにする努力

の両輪を意識することで、今よりも成果が出やすくなります。

NFTアートを売るにはマーケティングが必須

作品が売れるためには、マーケティングが必須です。

悩み人

マーケティング…?結局難しそうだからいいや…。

って方、ちょっとまってください!

NFTアートを売るために、マーケティングは超重要です!

マーケティングを簡単にいうと、NFTが売れるための戦略・方向性を考えることです。

例えば、飛行機での旅行で考えてみましょう。

  • NFTアート:売れるための努力の方向性
  • 飛行機の旅行:乗る飛行機の方角

上記の2つは、同じくらい重要です!

「アメリカに行きたい!」って考えているのに、中国行きの飛行機に乗ったら逆方向ですよね。

にじてん

実は、逆方向の飛行機に乗っている人があまりにも多いんです…。

NFTアートを売るための方向性を考えることで、無駄な努力をしなくて済みます

作品を作り続ける前に、自分の作品の方向性を確認しましょう。

売れやすい作品を作る → 認知度を上げる → 価値を上げる

NFTアートを売るためのマーケティングとして、下記の3ステップを意識しましょう。

  1. 売れやすいNFTの特徴を抑える
  2. 作品の認知度を上げる
  3. 作品の価値を上げる
にじてん

上記の流れは、マーケティングでも基本の流れです!

とくに、ステップ①の「売れやすいNFTの特徴」を抑える部分は超重要です。

誰も欲しがらない作品を作ってしまうと、どれだけ頑張っても売れないからです。

NFTアートが売れない方は、マーケティングを意識して戦略・方向性を考えてみましょう。

にじてん

それぞれの超実践的なノウハウについては、ぜひ「NFTを売るための教科書」を読んでみてください!

無料で『NFTアートを売るための教科書』を読む方法

悩み人

「NFTアートを売るための教科書」を読んでみたいけど、お金を払うのはちょっと…。

こんな方に向けて、無料で「NFTアートを売るための教科書」を読む方法をお伝えします。

無料で「NFTをはじめる前に読む本」を読みたい方は、Kindle Unlimitedの無料体験を活用してみましょう!

にじてん

Kindle Unlimitedは、Amazonが提供している本の読み放題サービスです!

  1. Kindle Unlimitedで30日間の無料体験をする
  2. 「NFTアートを売るための教科書」を読む
  3. 30日以内にKindle Unlimitedを解約する

という手順を踏めば、無料で「NFTアートを売るための教科書」を読めます

にじてん

個人的には、定価の597円で買うのも全然アリです。
お好きな方をどうぞ!

なお、Kindle Unkimitedに登録する場合は30日後に解約し忘れないようにメモしておきましょう。

無料でKindle Unlimitedに登録したい方は、下記のURLから登録できます。

>> Kindle Unlimitedに登録する

\ 30日間お試しキャンペーン中! /

Kindle Unlimitedでは、他にもNFTを学べる本を読めます。

NFTのおすすめ本については、下記の記事を参考にしてみてください。

>> 【無料あり】NFTおすすめ本ランキング13冊まとめ【初心者向け】

まとめ:NFTアートを売るコツを抑えよう

この記事では、「NFTアートを売るための教科書」の概要をまとめてきました。

まとめると、下記のとおりです。

この記事のまとめ
  • NFTアートを売るための教科書 = NFTを売るためのノウハウが丸わかりの一冊
  • 良いNFTアートを作るだけでは売れない
  • NFTアートを売るにはマーケティングが必須
  • 「売れやすいNFTを作る → 認知度を上げる → 価値を上げる」の3ステップを意識しよう

「頑張ってるのにNFTが売れない…。」って方は『NFTアートを売るための教科書』を読むことで作品が売れる可能性大です。

今日から実践できる具体的なノウハウが満載なので、気になった方はチェックしてみてください。

また、0からNFTを始めて稼げるまでのステップを、「NFTアートの始め方」にて解説しています。

気になった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

以上、『【NFTが売れない方必見】『NFTアートを売るための教科書』の要約【無料で読める】』でした!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
目次
閉じる