【早いもの勝ち】「完全無料で2,300円分のビットコインを受け取る方法」を読む【期間限定】

【NFTの宣伝方法】NFTが売れる宣伝のコツ3選【マクサン本から要約】

悩み人

NFTの宣伝が苦手で作品がなかなか売れない…。
上手にNFTを宣伝できるようになって、NFTを買ってもらいたい!

こんなお悩みにお答えします!

この記事の内容
  • 『マクサン式Webライティング』の要約
  • NFTの宣伝方法の3つのコツ
この記事を書いた人
  • 2021年9月からNFTアートを売買
  • 難関IT国家試験「応用情報技術者試験」に20歳で合格
  • 東証プライム企業の現役ITエンジニア
運営者の
にじてんです!

NFTが盛り上がりを聞いて、NFTに挑戦している人も多いと思います。

しかし、

  • NFTが全然売れない
  • NFTの宣伝が上手にできない

と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、NFTが売れる宣伝をするための3つのコツをお伝えします。

この記事を読めば、NFTの宣伝で悩まなくなります。

この記事を読み終わるころには、相手の心に刺さる宣伝ができるようになり、NFT作品が売れやすくなるはずです。

ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、『マクサン式Webライティング』の本の要約・感想です。

にじてん

ブロガー向けの本ですが、NFTクリエイターさんの宣伝にも参考になる部分がありました!

目次

著者のマクリンさん&サンツォさんってどんな人?

今回ご紹介する『マクサン式Webライティング』は、下記の2名の方によって書かれた本です。

それぞれの方について、どんな方なのかをお伝えしていきます。

  • マクリンさん
  • サンツォさん
にじてん

いますぐNFTの宣伝のコツを確認したい方は、こちらからどうぞ!

著者①:ガジェットブロガーのマクリンさん

マクリンさんはブログ「マクリン」を運営しているブロガーさんです。

ガジェット8割、家電2割のレビューブログとして、100件以上のレビューを掲載しています。

ブログのPV数は月100万PVを超え、月収も月100万円を突破。

にじてん

最近は、コワーキングスペースなどの運営もなさっています。

著者②:ブログ億り人のサンツォさん

サンツォさんはブログ「ブログ部」を運営しているブロガーさんです。

ブロガーさん向けにブログノウハウを発信しています。

ブログのPV数は月150万PVを超え、月収も月400万円を突破。

にじてん

最近はInstagram「ベランダ飯」を運営し、テレビや雑誌などにも出演しています。

『マクサン式Webライティング』の目次・あらすじ

それでは、「マクサン式Webライティング」に書かれている内容についてお伝えしていきます。

「マクサン式Webライティング」は、下記の6章から構成されています。

「マクサン式Webライティング」の目次・あらすじ
  1. 有益なコンテンツの考え方
  2. 読みたくなる記事の書き方
  3. SEOライティング成功法則
  4. E-A-Tの強化方法
  5. 推敲・リライトの手順
  6. ブログ収益化の戦略

「マクサン式Webライティング」では、ブログ記事の書き方から稼ぎ方までが完全解説されています。

しかも、ブロガーさん以外の方が読んでも勉強になる内容です。

にじてん

わたしはブロガーですが、NFTクリエイターさんにも求められるスキルがあると感じました。

とくに、下記の3つの内容はとても参考になりました。

  • ターゲットの絞り方
  • 文章を書く目的を考える重要性
  • 「物」ではなく「物語」を売る大切さ

「マクサン式Webライティング」には、ネット上で情報発信する人全員にとって有益な内容が満載です。

つまり、Twitterで作品を宣伝&アピールするNFTクリエイターさんにも役立ちます

要約:相手が読みたくなる文章の書き方がわかる

ざっくりと「マクサン式Webライティング」をまとめると、

相手が読みたくなる文章の書き方がわかる一冊

これに尽きます。

本書の「はじめに」では、以下の内容が書いてありました。

表現要素は文字とビジュアルのみとシンプルにもかかわらず、Webライティングは汎用性の高い技術です。僕たちは、研鑽をかさねてこの技術を習得したことで、文章ひとつで人の気持ちを動かし、行動変容をもたらせるようになりました。

引用:「マクサン式Webライティング」より

ライティングの技術を磨くことで、あなたの文章を読んでもらえるようになります。

結果的に、相手の行動を操れるようになります。

にじてん

つまり、NFTの宣伝から作品を買ってもらえるようになるんです。

まずは、相手が読みたくなる文章を書くところから始めるのがおすすめです。

なお、相手が読みたくなる文章を書くにはコツがあります。

「マクサン式Webライティング」では下記の2つの章で、相手が読みたくなる文章の書き方がまとめられています。

  • 有益なコンテンツの考え方
  • 読みたくなる記事の書き方

感想:NFTの宣伝には3つのコツがある

「マクサン式Webライティング」はブログの書き方を紹介しています。しかし、NFTの宣伝にも共通する内容がありました。

相手の心を動かすNFTの宣伝のコツを3つ厳選してお伝えします。

NFTの宣伝のコツ3選
  • 誰に向けたNFTの宣伝なのか確認する
  • NFTの宣伝を読んだ後の相手の行動を意識する
  • NFT作品の魅力ではなく相手の未来を伝える

コツ①:誰に向けたNFTの宣伝なのか確認する

NFTの宣伝をするときに、あらゆる人に向けた宣伝はNGです。

なぜなら、自分には関係のない宣伝ツイートだと感じてしまうからです。

にじてん

つまり、流し読みをされてしまいます。

どんな人に向けた宣伝なのか、ターゲットを絞りましょう

ターゲットを絞ることで、自分に関係のある宣伝ツイートだと感じてもらえます。

にじてん

要するに、NFTの宣伝ツイートが読んでもらえるようになるんです!

ターゲットを設定する時に意識すべきことの一例は、下記のとおりです。

ターゲットの年齢・性別は?

例:25歳の男性(ターゲットのイメージが湧く)

ターゲットの職業は?

例:プログラマー(ターゲットの所得や地位が想像できる)

ターゲットの趣味は?

例:アニメ鑑賞・テレビゲーム(ターゲットの好みがわかる)

上記の内容を意識することで、相手に思いが伝わる宣伝ツイートになります。

にじてん

架空の人を想像するのが難しい場合は、知り合いを思い浮かべるのもアリです。

ターゲットを絞って、宣伝のターゲットを確認しましょう。

コツ②:NFTの宣伝を読んだ後の相手の行動を意識する

NFTの宣伝は「知ってもらう」ことが目的ではありません。

なぜなら、NFT作品を知ってもらうだけでは買ってもらえないからです。

  • NFT Giveaway企画に参加してもらう
  • OpenSeaのNFTコレクションを見に来てもらう
  • NFT作品を購入してもらう

など、宣伝を読んだ後の相手の行動まで意識しましょう。

相手の行動まで考えられるようになると、文章の内容も変わってきます

例えば、Giveaway企画に参加してほしい場合であれば

「○月○日の○時まで限定でNFT Giveaway企画を開催中です!
よろしければ、下記のNFT Giveaway企画のツイートもチェックしてもらえると嬉しいです。」

などと宣伝枠に書き込むのがおすすめです。

にじてん

NFTの宣伝ツイートを読んだ後の相手の行動まで考えましょう。

コツ③:NFT作品の魅力ではなく相手の未来を伝える

NFTの作品単体を宣伝するのではなく、相手の未来を伝えましょう

なぜなら、NFT作品の魅力を伝えても売れないからです。

その作品を買ったらどんな嬉しいことがあるのか、未来を想像できたときに人はお金を払います

例えば、『マクサン式Webライティング』では

  • 心を動かすストーリー
  • リアリティのある体験談

を書くことを勧められています。

NFTの宣伝であれば、下記のような未来を伝えるのがおすすめです。

  • クリエイターさんとコミュニティで交流できる
  • 今後のNFTコレクションの盛り上がりを楽しめる
にじてん

相手の未来を伝えて心を動かして、NFTの買ってもらいましょう。

まとめ:NFTの宣伝のコツを意識して作品を買ってもらおう

この記事では、NFTが売れる宣伝の3つのコツをお伝えしてきました。

まとめると、下記のとおりです。

NFTの宣伝のコツ3選
  • 誰に向けたNFTの宣伝なのか確認しよう
  • NFTの宣伝を読んだ後の相手の行動を意識しよう
  • NFT作品の魅力ではなく相手の未来を伝えよう

NFTの宣伝のコツを意識して、あなたのNFT作品の魅力を最大限に伝えましょう。

あなたのNFT作品が買ってもらえるようになるはずです。

なお、NFTが売れなくて悩んでいる方に向けて、NFTが売れない理由を解説しています。

にじてん

売るためのコツも解説しているので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

>>【必見】NFTアートが売れないたった1つの理由を『NFTアートを売るための教科書』から要約

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてもらえると嬉しいです!
目次
閉じる